TOP -> 院長のブログ
虹クリニック 院長のブログ
2016/06/23
自己紹介

初めまして、院長の北村 誠司と申します。
虹クリニック開設して7年と半年になり、遅まきながらブログを始めようと思い立ちました。
まずは自己紹介をします。

年齢: 54歳

趣味: お酒を飲むこと(香りを楽しむ系)。
夏はプールで泳ぐこと、冬は練習場でのゴルフ打ちっぱなし。読書も好きです。

診療でのモットー: 強面なので誤解され易いですが、患者さんにまめに接すること。
(公私ともに超まめです!)

診療で得意なところ: 人の出来ないこと(難しい胚移植や内視鏡検査)を器用にやること。

8年前までは、荻窪病院産婦人科で部長職を勤めていました。
荻窪病院は1983年に日本で4番目に体外受精での妊娠・出産に成功した実績のある施設です。私が入職した1993年には東京で体外受精を行っていたのは、他に虎の門病院と済生会中央病院のみでしたので、荻窪病院には日本全国から患者さんが見えていました。

しばらく診療を続けていましたら、他の不妊クリニックが盛んに治療を行うようになって来ました。私は分娩・手術も行い、総合病院ですから診療は午前中のみで、夕方〜夜や休日には診療が出来ませんでした。診療後、スタッフとお話していただく場所と時間もない状況で、まず不妊カウンセラーの方を探して不妊カウンセリングを開始しました。
次に午前中のIVF外来、午後の不妊外来と土曜日午後のIVF相談外来を開設し、連休の場合、1日は外来を開くようにしました。
それでも限界を感じ不妊診療に専念したいと思い、病院外に不妊専門クリニックである虹クリニックを開設するに至った次第です。

今後も様々な情報をお伝えして行きたいと思いますので、気軽にこのブログを覗いてみて下さい。

院長 北村誠司

ページのトップへ