TOP -> 院長のブログ
虹クリニック 院長のブログ
2016/07/13
虹サロンと梅雨

「虹サロン」とは、クリニックで年に1〜2回行っている患者さまに参加して頂く催しです。

その内容は、治療内容のご説明と冷えの改善目的の運動および試食です。
女性に多く見られる「冷え」は血流の低下がもたらしていると考えられていますが、これを改善すべくスタッフと奥様方で運動を行いつつ、冷えの改善を促す飲食物を多数試食してもらっています。個人では多数の種類を試すことは難しいので、この機会を活用してもらえればと思っています。

医療施設に行くとスタッフがユニホームを着ていることが多く、どうしても身構えてしまい緊張することもあるかと思われますので、クリニックの敷居を低くして受診していただきやすくすることが目的の1つです。また患者さま同士の交流が図れるとも聞いております。

参加された後に妊娠された方が多い様な印象があります。

前回のブログでもお話した様に、院長は強面なので誤解されやすいためにサロンでは着ぐるみで仮装して患者さまに親しんでもらうように努めています。お帰りの際はご希望の方とは記念撮影をして頂き、その写真にご利益があるとか無いとか(こと妊娠に限ってですが)。

昨年の6月は梅雨時にサロンが行われ、梅雨にちなんだカエルで皆様をお迎えしました。
カエルは卵をたくさん産みますので、これにあやかってもらえればという狙いでした。
参加した皆さんにはカエルの頭を散々撫でて頂きました。

「虹サロン」は、このような患者さまとコミュニケーションを取る場を設けたいと虹クリニック開設前からの看護スタッフの要望で始まった催しです。

次回は12月頃を予定していますので、ぜひ参加して頂けると幸いです。

2016年1月に行われた虹サロンの時のかぶりものは、こちらでした。

院長 北村誠司

ページのトップへ